スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIVBワールドグランプリ2013  総評

FIVBワールドグランプリ2013
総評

・アメリカ戦 最終戦

予選よりは良かったが詰めが甘い結果となった。
勝てる試合を勝てない。
中国戦も同じだった。
接戦はするのだが勝てない。
これは、今後の大きな課題となりそうだ。
長い時間を選手を観れるのは楽しいが。

江畑は中国戦とアメリカ戦には
ポイントを稼いでいたにも関わらず負けている。
何が足りないのか?
勝つという気持ちだろう。
若手を責めるのは簡単だがそうだろうか。
ディグが弱いという竹下の言葉もある。
気持ちが強ければディグも上がる。
今までそうだった。
今までは接戦に強い日本だったと感じている。
もちろん、江畑だけ良くても勝てないよな。
江畑が悪い時は周りがカバーしてくれ。


今大会 江畑の最終成績 (フジテレビのサイトから)
ベストスコアラー 2位 シュ・テイ、木村沙織に勝っちゃいました。
ベストスパイカー 10位 新鍋は1位だったのにのびなかった。
べストブロッカー 17位 江畑はブロック苦手なのに。
べストサーバー 26位 多くはないな。良いのにどうしてポイントしないのか?
べストディガー 23位 江畑はレシーブも頑張っている
十分な成績でしょう。

眞鍋監督はこれ以上を望むんだろうな。
欲深い。


私はバレーボールファンというより完全に江畑ファンだ。
江畑が出現してからバレーボールを観るのが楽しくなった。
それまではただテレビを普通に観ていただけ。
江畑の強烈なスパイクに魅了された一人だろう。
多分、眞鍋監督も魅了されている。
調子良い時の江畑は世界一のスパイカーといっていい。
ハーフスパイクやフェイントは少なくしてくれ。あまり見たくないかも。
今は宮下が頼みだ。宮下も頑張れ。悪いレシーブも上げてくれ。
頑張ってくれないと江畑の強烈なスパイクが見られない。
テレビで見る彼女はいつも元気なんです。それも魅力か。


世界バレーのアジア最終予選が3日後すぐ始まる。
これは予定していなかった。
また応援しなければ。


o(*⌒─⌒*)o





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウッチー2011

Author:ウッチー2011
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
⬇これは宣伝です
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。