スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興奮した女子バレーボール ワールドカップ

興奮した女子バレーボール ワールドカップが終わってしまった。
次の番組は何を観ればいいのか?
空虚だ。

2負した時からダメだと思ったが格下のセルビアに負けて決定となった。
それでも、僅差での望みはあった。中国の負けを望んだが、紙一枚の4位となった。
この状態ならオリンピックは出場出来るし、金メダルも取れる。

最終予選が来年5月なので先が長い。長過ぎる。
7月後半にはオリンピックなのに。
なぜこんなスケジュールなのだろう。

だからワールドカップは絶対3位以内だったのに。
イタリア、アメリカ、中国が先に決まってしまった。

特に中国に先を越されたのは屈辱だ。
このメンバーだったら世界一なのだが。

新メンバーが活躍した大会だ。
岩坂、新鍋が大活躍してくれた。

●私の大好きな江畑は今大会はエラー、被ブロックも少なく安心してみられた。
決定率も効果率も高いと思われる。彼女が宣言した、ココゾという時の決定率も上がっている。
後半のサーブは決定率が上がっている。
私には江畑なしの女子バレーがつまらない。
彼女の活躍は私の快感になってしまっている。
アタックが決まるたびに飛び上がって、喜んでしまう。録画も何十回も観ている。
2010世界バレーのトルコ戦(誕生日?)は特に繰り返し観ている。
今回の活躍で、江畑には研究チームがまっ裸にすると思うが
それに対してどのような対策をするかがおもしろい。
眞鍋監督に掛かっている。
木村はすでに裸にされてるがなお活躍している。
オリンピック金メダルへGOーーーだ。

今回の成果は、江畑、岩坂、新鍋の活躍無しには語れない。
もちろん、ベテランが大活躍しているからですが。

その他のメンバーの感想
①木村 イタリア戦は不調だったが、全体が普通に好調だった。木村が引っぱっている攻撃。
②荒木 最初は不調だったが、徐々にキャプテンらしさが出ていた。センターの故障を全身でカバーした。
③岩坂 新人21歳ながら、サーブ・ブロックが好調 アタックは後半やや低迷。のびしろが多い選手だ。
④山口 サーブが平凡なので決定率は低い。サーブを克服して欲しい。かきまわす特殊な攻撃が得意。サーブレシーブに難あり。
竹下 世界一の天才セッター  年齢的に今回・次回の五輪が最後のチャンスかもしれない。  
佐野 世界一の天才レシーバー 年齢的に今回・次回の五輪が最後のチャンスかもしれない。

・迫田 バックアタックが得意。江畑が調子悪かったら出るという感じ。
    江畑が調子良かったら、出られない不運のアタッカー。
    現状では格下の相手にしかマッチングされない。
    私の感想:
    江畑はブラジルに強い(出て勝ったから)というイメージが出来上がってしまった。
    江畑はブラジル戦は必ず出てくる選手なので、強いチームには必ず出てくる。
    江畑は中国戦に勝ててないので、迫田も中国戦に成績を残せたら、勝てたら必ず使うと思う。
・中道 セッター、竹下次第ですが、現状は2枚替えで活躍している。
    竹下同等の力はあると思いますが、竹下がいる限りはサブになるでしょう。
・石田 アメリカ戦に強い事がアピール出来ているので、使いやすい。
    サーブとレシーブが目立ちます。
・狩野 高さが有利だが、怪我に悩ませる。今回も、数日欠場した。
・座安 レシーバー、セッター 出番は少ないが要所で活躍した。
レシーバー 井野・濱口も好きなのだが今回の出番は無かった。


今大会(ワールドカップ2011)で分かった事。
ブラジル、アメリカ、中国は強くない。

イタリアはなぜか強かった。不思議。
日本がベストメンバーなら必ず勝てる。
 ベストメンバーが力を出し切れば絶対勝てる。

今大会の意義は凄くて、オリンピック金メダル圏内を確保したと言っていいだろう。
前回 北京はなんとも言えなかった。
いつものメンバーで期待が持てなくて、惨敗となった。

2012年イギリスオリンピック金メダル目標には最良の結果を得たと言えるだろう。
あとはオリンピックの切符をとるだけだ。















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
男子バレーが始まった。

男子バレーは一応観るが
弱いので観る気力が失せる。
私は男が嫌いだというのもある。
強ければファンになれるのだが。
私が生きている間はメダルが取れないだろう。
そろそろ植田監督も終わりだろう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
バレーボールの見方

今一バレーボールが理解出来ない方
バレーボールはボクシングと一緒です。
殴り合いと思ってください。
サッカーや野球やフットボールなどの団体競技と同じに感じてはいけません。

どちらかと言えば、卓球、バドミントンなどと同じですが、
それをチームで行うという事です。
この世で一つのスポーツと言えます。

サッカーや野球やフットボールを悪く言うつもりです。
寝てまうわ。バレーボールに比べたら。







スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

ブラジル戦に勝利

ブラジル戦に勝利。
3-0。快挙。
木村、江畑が好調だった。
木村、江畑が好調なら世界一だ。

川合俊一の解説は面白い。
しかし、ブロックやレシーブに偏った解説をするので、
今一、納得出来ない。
解説人がアタック人ではないのでそんなことになるのだろう。

本当は、全てに公平に評価しなければならない。

私なりの解説をしよう。

バレーボールは攻撃だ。
どんなに良いレシーブをしようが、攻撃が決まらなかったら
点は取れない。
サーブで攻撃しなかったら、良いレシーブはできない。
まずは攻撃なのだ。
川合俊一や他は過去の自分のポジションを重要視している。
ブロックや守り、セッターだ、と。
違う。攻撃だ。
攻撃がうまく行くと、レシーブも調子に乗る。
レシーブして得点に結びつくのが最大の快感なのだ。
これでは攻撃陣が浮かばれない。
もっと攻撃陣を持ち上げて、勝利に導かなければならない。

私の大好きな江畑は、期待に応えて、要所でアタックを決めた。
前半はよくレシーブされていたが、後半は殆ど決まっていた。
木村、江畑が好調だったので勝った試合だ。
どちらが不調でも負けた試合だろう。

好調・不調はアタック決定率と、アタック効果率で決まる。
木村、江畑共に高い数字だったと思う。
アタック決定率と、アタック効果率は他で調べてください。
特に江畑は被ブロック失点が殆どなかった。

サイドが好調だと、センターが生きてくる。
荒木が好調だったのもサイドアタックが好調だったからだ。
逆の場合もあるが、センターが好調でもサイドが不調だと勝利はありえない。

解説人も攻撃陣を乗せて、次の試合の活力とならせて欲しい。
皆が選手をのせて欲しい。
そしたら、オリンピックも金メダル間違いない。

サイドのアタックが決まると選手全員が気持ちいいに違いない。
佐野にしてもどんな良いレシーブをしても、その後
決まらなかったら気持ちいい訳が無い。
それでも、何本もレシーブして感謝の念しかない。

ブラジルに勝ったことは、オリンピックに向けて、最良の結果だった。
ブラジルに勝ったことは、どの国にも勝てると言う事を証明した。
ブラジルに勝ったことは、前年度の勝利は偶然ではなかった事を証明した。
みんなが調子良かったら、絶対に勝てる事を証明した。
これだけでも今大会の意義は深い。
選手全員自身を持って欲しい。

ここで思い出したくないのが中国戦。
まだ、一つになってなかったと思いたいが、
私はまだ、中国に勝った試合を観た事が無い。
負け癖は払拭してもらいたい。
オウイメイに負けたのだと感じている。
格下の中国に負けたのはそれだけが理由だ。

セルビア戦は勝つと思っていたが負けてしまった。
課題の残る試合だ。
敗因が分からない。

その他の試合は印象に残らない。
試合結果が予想通りだったからだ。

水曜から始まるケニア戦は決まるはずだが、
ドイツ戦とアメリカ戦は
木村、江畑が調子良かったら完勝だろう。
そうなる事を祈る。

そんじゃ。









テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

女子バレーボール、中国戦は予想通りの惜敗。

日曜日の中国戦は予想通りの結果となってしまいました。
2-3の接戦。あと数ミリでした。
やはりオウイメイだけに負けてしまった。
予想が外れるのを期待したのですが。
負け癖は簡単に治らない様です。

逆に韓国には負けた試合を観た事が無いのです。
勝ち癖が付いてます。

試合が終わった後の脱力感はどうにもならなかった。
でも本当に良い試合でした。
拮抗したゲームは本当に燃える。
ワンサイドゲームは本当に燃えない。
結果だけでいい。

近年では、本当に燃える試合でした。
テレビ局も全セット見せてくれました。
通常の延長は最長でも20分なので勝ったのかと予想して喜んでいたのだが
40分延長で負けてしまった。
予想を裏切る、多分初めての経験だ。

早くも2敗したので3位以内はかなり危うい。
奇跡が無い限り、今回はオリンピック出場権は得られない。
今後、全勝しなければほとんど無理だろう。

今日火曜のアルジェリア戦は多分勝てる。
勝たなくては絶望だ。
後日のアメリカ戦、ブラジル戦に勝てば何とかなるが、期待しよう。
奇跡は起こると信じよう。
勝てると期待させる、何かを日本は持っている。
応援しましょう。


仕事もそこそこ忙しいが。
今月はバレーボール、テレビ観戦がメインとなる。
コンピュータの話題は少ない。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

バレーボール アルゼンチン戦は圧勝。

バレーボール アルゼンチン戦は圧勝でした。
3-0 不安を解消する戦いでした。
やはりイタリアには負け癖がついているのでしょう。

o(*⌒─⌒*)o

木村は調子が上がって、普通の木村で頑張ってくれました。
私の大好きな江畑も凄い活躍でした。
勝てる試合なので、江畑は3セット目は退きました。
3セット目も観たかったな。
勝てる試合なので、江畑は3セット目は退きました。
3セット目は少し苦戦してましたが。

私には木村と同等の選手なのです。
多分、木村と江畑が調子良かったら、どのチームにも勝てます。

もちろん、全員が一体とならなければ勝利など無いです。
要するに全員が100%仕事したら、日本は絶対勝てます。
日本のレベルはそこまで来ています。

私はファンなのでそんなところですが。
もちろん選手全部好きですよ。
監督は選手を選ぶの仕事ですから。

それにしても江畑をテレビ局は避けているのでしょうか。
凄いスターなのに!!!!
控えめで、スターらしくない所が大好きですが。
スポンサーが付いてないのでしょうか。
目立たせないように工夫しているのでしょうか。

あの身長(176cm)であれだけ決められるのは、
凄い練習をしているか、凄い才能があるとしか思えない。
小が大に勝る時です。
決まる時は外人選手に劣りません。気持ち良いですよ。
感動です。
録画で何度も観てます。

江畑は日本人らしいのに活躍をする代表です。
前日のイタリア戦でも大活躍です。
メディアはあまり言ってくれませんが不思議です。

日曜日の中国戦、不安です。
オウイメイは日本に対して安心感を持ってます。
逆に日本はオウイメイに恐怖を持ってます。
中国に対してではないです。
中国は全く強くないです。
過去は、オウイメイだけに得点されています。
これがバレーボールの怖さですね。
一人だけ怖い選手がいると負けてしまう。
チームスポーツなのにです。

中国が負けたチームに日本はことごとく勝ってます。
中国に対して負け癖が付いているだけです。
私は中国に勝った試合を観た事が無い。
一度くらい観てみたい。

日曜日の試合、ワクワクです。
また負けたかの絶望感か。
今度は、勝ってくれたの幸福感か。
ワクワクです。


o(*⌒─⌒*)o

テーマ : いいニュース
ジャンル : ニュース

イタリアに負けた。ショック。女子バレーボール。

イタリアに負けた。ショック。女子バレーボール。
昨日の話だが、数時間後の今日はどうなる。


バレーボール好きなのでこのブログに入れます。すみません。
これぐらいしか楽しみが無いのです。
仕事なんてどうでもいい??
バレーボール専用ブログは作ります。オリンピックに向けて。
最近、仕事!!か、 も結構忙しいので空いている時間でやってます。


感想
ほとんど2セット以外は大差。
木村が調子悪かったな。イタリアには分が悪いのか。
木村の調子が悪い(得点源にならない)のはほとんどないのだが。
大好きな江畑と、新人の新鍋が得点源となったのは嬉しいが、負けは負け。

どちらもデータバレーだが日本はイタリアにほとんど勝っていない。
高さと守備力、経験と勝ち運(前回金)のイタリアが先を行っているのだろう。

このワールドカップは4位以下では意味が無い。

今日はアルゼンチン、不調のエース木村にはどんな戦いが待っているか?

頑張って欲しい。ワクワク。数時間後だ。
また好調な江畑が出て、出るだけで嬉しい江畑だが、活躍して、勝利すると嬉しいのだが。
眞鍋監督出してくれーー、そして、勝ってくれーー

o(*⌒─⌒*)o



プロフィール

ウッチー2011

Author:ウッチー2011
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
⬇これは宣伝です
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。